スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「舛添新党」に余裕のエール=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は23日夜、舛添要一前厚生労働相らが新党を旗揚げしたことについて、首相官邸で記者団に「私もさきがけ、民主党をつくってきた。新しい国民本位の政治をつくらねばならないとの理念を立ててきたつもりで、(舛添氏らは)そのような思いがあって行動に出たと理解している」と語った。
 相次ぐ新党結成の動きの影響に関しては「民主党に有利不利ではなく、いかに国民本位の政治を取り戻せるか、しっかり頑張るということに尽きる」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

検察は反応さまざま「判断異なるのは当然」「政局に影響…」 小沢氏「起訴相当」(産経新聞)
牛肉輸出を一時停止=農水省(時事通信)
首相「自分も長く続けたい」魁皇に顕彰授与(読売新聞)
苦心の起訴も、終着点は「はるか遠く」 JR西強制起訴(産経新聞)
自殺図り意識不明の長男刺殺、母親に猶予判決(読売新聞)
スポンサーサイト

沖縄県民大会に党幹部出席へ=徳之島案にも反対-社民(時事通信)

 社民党は22日の常任幹事会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する25日の沖縄県民大会に、重野安正幹事長と阿部知子政審会長を派遣することを決めた。福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)も席上、「日程が許せば行きたい」と出席に意欲を示した。
 政府はヘリ部隊を鹿児島県・徳之島に移転するとともに、米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)に代替施設を建設する案を軸に検討を進めており、政府方針に真っ向から反対する集会に与党幹部が出席するのは異例。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

同日選で政権選択を=参院福岡で候補擁立-みんな・渡辺氏(時事通信)
<普天間>米国務次官補が27日訪日 協議の行方は不透明(毎日新聞)
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
「病院にノーメークで行け」…薬物不正入手(読売新聞)

普天間移設 「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会(毎日新聞)

 島の未来を壊さないで--。鹿児島県徳之島で18日開かれた米軍普天間飛行場の移設に反対する集会。若い母親や農業者など島内を代表する住民ら16人がステージに上がり「米軍基地ノー」を訴えた。目標の1万人を超える参加人数が発表されると、広さ約3ヘクタールの漁港広場(徳之島町)を埋め尽くした参加者から拍手が起こり、指笛が鳴り響いた。主催した地元町長らは「政府は徳之島をあきらめるしかない」と自信を見せた。

 「私はこの徳之島が大好きです。鳩山総理大臣、オバマ大統領、どうか平和な島を、私たちの徳之島の未来を壊さないでください」

 学生代表の徳之島高2年の中熊優姫(ゆき)さん(16)は、日米政府のトップにあてた手紙を読み上げた。昨年、徳之島町で上演された本土復帰運動を描いた演劇に出演。戦後米軍統治下に置かれた島の苦難の歴史を改めて知り「私も島を守りたい」との思いを強くした。「米軍基地の移設で島の自然がなくなるのはいや、と友達ともよく話し合う」といい、率直な思いを日米両首脳に訴えようと、1人で約400字の手紙を書いた。

 所得格差、雇用難の疲弊した地域経済を背景に、島内には移設受け入れによる振興策を期待する声もある。しかし、集会では、本土からUターンしてきた若い世代も口々に移設反対を訴えた。

 出産を機に帰郷し、今は4児の母の野中涼子さん(33)=徳之島町=は、夫や子供と一緒に特設ステージに上がった。徳之島3町は全国一の出生率で、「子宝の島」とも言われる。子育て中の野中さんは「子どもがのびのび育つ島に基地はいらない」と声を振り絞った。

 反対一色に染まる島内では影が薄いものの、移設賛成の声も根強く残る。集会に参加しなかった、推進派の伊仙町の男性は「集会に参加しても、絶対反対という人は多くないはずだ。仕事がなく将来が見えないのに、政府から説明もないうちに反対するのはおかしい」と話した。【村尾哲、斎藤良太】

【関連ニュース】
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加
普天間問題:徳之島案撤回を 民主党鹿児島県連が要請へ
普天間問題:鹿児島県内移設に反対派が集会
普天間:徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府
普天間移設:県外移設の検討 平野長官も明言

<気象>東京都心に41年ぶり「遅い雪」(毎日新聞)
<雑記帳>24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
「治す」だけでなく「支える」医療を(医療介護CBニュース)
<成田貨物機炎上>原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)
「日米同盟3年持たぬ」 正論大賞・佐瀬昌盛氏が講演(産経新聞)

安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件(時事通信)

 宮崎県発注の測量設計業務をめぐる官製談合・汚職事件で、事前収賄、第三者供賄、競売入札妨害の罪に問われ、二審福岡高裁宮崎支部で控訴を棄却され、懲役3年6月追徴金2000万円とされた前知事安藤忠恕被告(69)側は16日、判決を不服として最高裁に上告した。 

【関連ニュース】
安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件
談合で4社指名停止=国交省
玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官-6社を指名停止・防衛省

玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす-熊本県警(時事通信)
【外国人参政権 欧米の実相】(4)「明日に架ける橋」の皮肉(産経新聞)
「鳩山首相、4年は続けて」…菅財務相(読売新聞)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
「母親は偉大」…「育休」中の東京・文京区長(読売新聞)

新党参加「今のところない」=鳩山邦氏(時事通信)

 無所属の鳩山邦夫元総務相は6日午後、平沼赳夫元経済産業相らが結成する新党について「立派な方が集まっているが、国民を鼓舞するような要素はない。(参加は)今のところはない」と述べ、現時点では新党参加を見送る考えを示した。国会内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
平沼氏との会談、日程再調整=鳩山邦氏
新党党首に平沼氏、5人で旗揚げ=経済対策と財政再建「両立」
鳩山邦夫氏は不参加=新党結党で平沼氏明言
新党準備、今夜会合=鳩山邦氏、結党時参加見送り
新党5人で8日発足へ=参院選に候補擁立目指す

<立教大生殺害>警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める(毎日新聞)
<動物死骸>埼玉のペット葬儀業者逮捕へ 不法投棄の疑い(毎日新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
小沢氏と連携「まったくない」 新党旗揚げ会見(産経新聞)
東上線人身事故、志木―小川町間で運転見合わせ(読売新聞)

校庭にミカン苗植えた男、威力業務妨害容疑で逮捕(読売新聞)

 宮崎県日向市立幸脇(さいわき)小学校(19人)の運動場にミカンの苗木約130本が植えられた問題で、県警日向署は6日、苗木を植えた同市幸脇、無職福田究(きわむ)容疑者(59)を威力業務妨害容疑で逮捕した。

 発表によると、福田容疑者は3月19日午後5時頃から同22日午後7時頃までの間、重機やスコップを使って同小の運動場(約2000平方メートル)の約130か所に穴を掘り、苗木を植栽。運動場が使用できないようにして学校の業務を妨害した疑い。

 調べに対し、福田容疑者は「自分の土地に植えて何が悪い」と供述しているという。同署は、福田容疑者と一緒に苗木を植えていた知人3人についても容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 同小は同26日、福田容疑者らが無断で運動場に苗木を植えたとして同署に被害届を提出。翌27日には、同市教委の職員が同署員立ち会いのもと、苗木を撤去していた。

 不動産登記簿によると、学校敷地内の土地の一部は福田容疑者の父が所有者となっている。福田容疑者は「うちの土地だ」として市教委に買い取りを求めていたが、市教委は「市側は大正時代に男性の父から土地を購入している。何らかの理由で所有権移転の登記をしていなかっただけだ」と主張し、所有権を争っていた。

 捜査関係者によると、福田容疑者は年間数百円の固定資産税を支払っていたという。

 逮捕を受け、同小の島田尚人校長は「今でも運動場には、苗木を掘り返した際の黒い土が残っている。二度とこんなことがないようきちんと所有権の問題を解決したい」と話している。

雇用調整助成金の不正受給、52事業所で2億(読売新聞)
2年連続の減少 09年度のゲーム市場規模(産経新聞)
<佐世保小6殺害>事件報告書で人権侵害 弁護士会是正勧告(毎日新聞)
<救急搬送>7病院で受け入れ拒否、三重県の78歳女性死亡(毎日新聞)
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟(産経新聞)

SS、ベスーン容疑者を傷害などの容疑で追送検(産経新聞)

 環境保護を標榜する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーが日本の調査捕鯨団の監視船「第2昭南丸」に不法侵入した事件で、東京海上保安部は1日、SS抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍、艦船侵入容疑で逮捕=を傷害と威力業務妨害、銃刀法違反の容疑で東京地検に追送検した。先月12日の東京港での艦船侵入容疑での逮捕から約3週間を経て、SSが日本の調査捕鯨団に繰り返してきた一連の妨害行為自体の立件にこぎつけた。

 東京海上保安部によると、追送検容疑は、2月11日、南極海で航行中の第2昭南丸に向かって酪酸入りのガラス瓶を発射、酪酸を飛び散らせて異臭を拡散させるなどして業務を妨害するとともに、甲板上にいた乗組員にけがを負わせた疑い。

 また、東京海上保安部は同日、ベスーン容疑者が第2昭南丸でブーツの中に刃渡り約20センチのナイフ1本を隠し持っていたとして、銃刀法違反(所持)容疑でも東京地検に追送検した。

【関連記事】
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査
【国際情勢分析】船長逮捕に揺れるニュージーランド
「船長を逮捕するため侵入した」、SSのベスーン容疑者が供述
「日本の法的プロセスに介入できない」NZ首相 シー・シェパード逮捕
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

特養介護職に医療行為=「たん吸引」など来年度から-厚労省(時事通信)
松野明美さん、熊本市議選に出馬(スポーツ報知)
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ-文科・厚労省(時事通信)
【風を読む】論説委員長 中静敬一郎 若者が自衛隊に入れない(産経新聞)
「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。